採用代行は本気でやると成果は出る!関わった採用案件100%を誇る人材採用コンサルの目線

お問い合わせはこちら

採用代行は本気でやると成果は出る!
関わった採用案件100%を誇る
人材採用コンサルの目線

採用代行は本気でやると成果は出る!関わった採用案件100%を誇る人材採用コンサルの目線

2021/02/01

2021年2月1日、稼働している募集案件で採用決定案件が出た。

お客様情報なので、詳細は出せないが、仲介してくれた営業担当によると、

応募数は前回(2020年6月)よりも伸びたらしいが、1次面接での前後で

とにかく落ちる、辞退される、消える、、の連続。

2次面接まで全く進まなかった。

 

当初の仮説では、選考プロセスのデータ遷移をみると、

1次面接後の辞退率が目立つことから、他社よりも魅力に欠けており、

面接内容が不十分だったのでは?という仮説で始まった今回の募集。

そんな仮説だったから、採用要件を切り下げたりもしている。

 

この判断は決して悪いとは思わない。

採用決定にコミットメントするなら、その判断も正しいとさえ思う。

わたしの考えは1つ。

その企業にとって、ふさわしい人材像か?

未経験で採用したなら、入社した時にその経験値で不幸にならないか、

周りの出世スピードについていけるか、

離脱してしまったら辞めるしなないのか、他に道は用意できる会社なのか、

そのあたりをその時、その企業の状況をみて、判断し、

その企業にふさわしい人物像を要件定義する。

 

だってそうでしょう?

へたくそな情報を打ち込んで、その方々の意思決定に変化を及ぼす仕事なのだから。

だから、わたし達は採用決定にこだわりたい。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。