レガシープロジェクツ株式会社

人材の採用にスクリーニングを行うメリットとは?

お問い合わせはこちら

人材の採用にスクリーニングを行うメリットとは?

人材の採用にスクリーニングを行うメリットとは?

2022/07/21

企業が人材を採用するにあたって、スクリーニングという手法を用いることがあります。
スクリーニングとは「採用基準に達しているかどうか、人材をふるいわける」という意味です。
そこで今回は、人材の採用にスクリーニングを行うメリットについて紹介します。

スクリーニングのメリット

応募者の絞り込みが可能

採用にあたっては、自社が定めた条件があるはずですよね。
スクリーニングを行うとその名の通り、自社の基準に照らして応募者を絞り込めます。
したがって、効率よく面接することができるようになります。

適性検査で能力や性格の可視化が可能

スクリーニングでは、適性検査が行われることがしばしばです。
適性検査を行うことにより能力や性格が可視化され、客観的に人材を判断できます。

たとえば、同じことを繰り返す業務が多いとしたら、コツコツと粘り強く取り組める性格の方が適していますよね。
一方で営業がメインであれば、外へ出て行くのが苦にならないフットワークの軽い方が適しているでしょう。
スクリーニングに適性検査を用いると、ある程度の能力と性格が推測でき、会社への向き不向きがわかります。

採用後の早期退社防止 

せっかく入社したにもかかわらず、早々に退社してしまう一番の理由は「入社してみたら想像していたのと違った」というものです。
採用には費用がかかるため、会社としては採用後の早期退社は避けたいところでしょう。
適性検査を含むスクリーニングを行うと、採用後は適した部署に配置できる可能性が高まります。
入社してすぐの早期退社防止に、役立ってくれるのではないでしょうか。

まとめ

スクリーニングには採用対象者の絞り込み・能力と性格の可視化・採用後の早期退社の防止といったメリットがあります。
これから人材を募集される際は、スクリーニングを検討してみてはいかがでしょうか。
弊社は名古屋を拠点に、人材採用をサポートしております。
どうぞお気軽にご相談ください。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。