レガシープロジェクツ株式会社

起業直後の採用活動で伝えるべきポイントとは?

お問い合わせはこちら

起業直後の採用活動で伝えるべきポイントとは?

起業直後の採用活動で伝えるべきポイントとは?

2022/07/09

起業直後に人材を採用するにあたっては、応募者に何を伝えれば良いのでしょうか。
せっかくですから、採用後は長く定着してもらいたいですよね。
そこで今回は、起業直後の採用活動で伝えるべきポイントをご紹介します。

起業直後の採用活動で伝えるべきポイント 

将来のビジョン

起業直後の時点では、将来のビジョンを伝えることが採用活動のポイントです。
主に以下の事柄について、明確に伝える必要があります。

・会社として、どのような事業を推し進めていくのか
・事業の先に、どのような展開を考えているのか

将来のビジョンに賛同して「働きたい」と思ってもらえれば、採用後はともに頑張ってくれる可能性が高いでしょう。

あらゆる仕事に携われる

起業直後は仕事の内容を問わず、さまざまな業務をしてもらうことになるでしょう。
そこで、「事業に関するあらゆる仕事に携われますよ」と伝えることがポイントです。
「あらゆる業務に携われるのはやりがいがある」と感じる方もいるはずです。
さまざまな仕事に取り組みたい方なら、起業直後から大きく貢献してくれるのではないでしょうか。

経営に関与できる

起業直後の採用活動では「日常の仕事において経営に関与できる」ことを強調するのもおすすめです。
大きな会社では、会社の経営に携わる機会はめったにありませんよね。
それに引き換え、起業直後の会社では社長と話をし、社長とともに仕事をするといった具合にダイレクトに経営に関与できます。
頑張りが会社の実績に直接的につながるため、仕事にやりがいを持ってもらえるでしょう。

まとめ

起業直後の採用活動では将来のビジョンを明確に伝え、あらゆる業務に携われることを伝えるといいでしょう。
さらに経営陣に近いところで仕事ができることも、伝えておくと良いポイントです。
弊社は名古屋市を拠点に、人材採用のサポートを行っております。
どうぞお気軽にご相談ください。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。