レガシープロジェクツ株式会社

採用計画はどう立てるのがいい?立て方の失敗しないコツとは

お問い合わせはこちら

採用計画はどう立てるのがいい?立て方の失敗しないコツとは

採用計画はどう立てるのがいい?立て方の失敗しないコツとは

2022/08/01

採用計画を立てることによって、スムーズな採用活動ができます。
では、採用計画はどう立てればいいのでしょうか?
そこで今回は、採用計画の立て方の失敗しないコツをご紹介します。

採用計画の立て方の失敗しないコツ

求める人材を明確にする

入社後のミスマッチが生じないように、年齢・性別・学齢・性格・志向性・資格・経験・能力は明確にしておきましょう。
求める人材を明確化しておけば、スムーズに相応しい人物を採用できます。
また、どんな人材を採用するかは、部署によって異なる場合もあるので、それぞれ整理するようにしましょう。

求職者の動向を知る

業界によって求職者の倍率はそれぞれ異なります。
特に中途採用は時期によって変わりやすく、1〜3月は増えますが、8月以降になると減少します。
そのため、情報収集や分析などをおこなって求職者の動向を知っておくようにしましょう。

他社の動向を知る

人材の確保は会社の規模によって異なりますが、他社の動向を知ることも大切です。
他社の採用人数や賃金、どんな方法で採用しているのか比較しましょう。
他社の動向を知っておけば、競合を防げたり、差別化ができます。

まとめ

採用計画の立て方の失敗しないコツは、求める人材を明確にする・求職者の動向を知る・他社の動向を知るなどがあります。
採用計画を立てる際は、ぜひ参考にしてくださいね。
また「レガシープロジェクツ株式会社」では、新卒や中途の人材採用代行をおこなっています。
採用活動を外部に依頼したいとお考えの場合は、ぜひお気軽にお問い合わせください。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。