レガシープロジェクツ株式会社

人材育成の研修内容の違いによるメリットとデメリットについて

お問い合わせはこちら

人材育成の研修内容の違いによるメリットとデメリットについて

人材育成の研修内容の違いによるメリットとデメリットについて

2022/11/08

人材育成は経営上の重要な課題ですので、研修などを積極的に行っている企業は多いです。
しかし思った通りの効果が出ず、人材が育たないとお困りではないでしょうか。
この記事では、人材育成の研修内容の違いによるメリットとデメリットについて紹介していきます。

人材育成の研修内容の違いによるメリットとデメリット

外部の講師による研修

外部の講師を呼ぶ事のメリットは、専門的なスキルや知識を学べる事です。

経験を積んだ講師であれば、わかりやすく的確な研修を受けられるでしょう。
しかし外部の講師の場合は、費用がかかるのがデメリットです。
また、優秀な講師を探す時間も必要といえるでしょう。

内部の講師による研修

内部の講師による研修を行うメリットは、業界や業務に精通している事です。
スキルアップしたい能力を的確に教える事ができます。
また研修のために特別な費用や準備なども最小限にする事も可能です。
しかし、研修中は業務の停滞や適任者の選定などが課題となるのがデメリットでしょう。

OJT研修

OJT研修を行うメリットは、業務を止める事無く人材育成が出来る事です。
また現場で実業務を進めながら研修を行うので、かなり実践的でもあります。
しかし先輩社員との相性などによって、効果に大きな差が出る恐れがあるのがデメリットです。

まとめ

人材育成の研修内容の違いによって、メリットとデメリットがあります。
状況や環境などに応じて使い分ける事で、大きな成果を上げやすくなるでしょう。
弊社のサービスの「組織作りコンサルティング」では、人材育成のサポートも行っております。
研修のやり方などで悩んでいる方は、弊社にご相談ください。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。