レガシープロジェクツ株式会社

新入社員にビジネスマナーを教える際の注意点

お問い合わせはこちら

新入社員にビジネスマナーを教える際の注意点

新入社員にビジネスマナーを教える際の注意点

2022/09/22

新入社員が入社したら、業務内容などさまざまなことを教えますが中でもビジネスマナーは基本的なことになります。
基本的なことだからこそ、きちんと教えなければなりませんが、いくつか注意点があります。
そこで今回は、新入社員にビジネスマナーを教える際の注意点をご紹介します。

新入社員にビジネスマナーを教える際の注意点

学生扱いをしない

確かに新入社員はつい最近まで学生の立場でした。

しかし、入社すれば立派な社会人なので学生扱いをしてはいけません。
学生扱いは見下しているとも受け取られるので注意しましょう。
特に年が離れている教育者だと、上から目線で接してしまいがちになるので気をつけてください。

意見は押し付けない

新入社員とこれまで経験を積んできた社会人には確かに大きな差があります。
ただ、だからとって意見を押し付けるようなやり方はしないようにしましょう。
相手の意見や考え方を尊重したうえで、伝えるべきことを伝えてください。

指示のみで終わらせない

指示のみで終わらせてしまうと、最終的には自分の頭では考えられない社員に育ってしまいます。
目標やゴールを達成するためにはどうすればいいか、自分たちで考えさせるためにも指示だけで終わらせないようにしましょう。

まとめ

新入社員にビジネスマナーを教える際の注意点は、学生扱いをしない・意見は押し付けない・指示のみで終わらせないなどがあります。
新入社員にビジネスマナーを教える際は、ぜひ参考にしてくださいね。
また「レガシープロジェクツ株式会社」では、人材採用の代行やコンサルティングサービスなどをおこなっています。
新卒の採用の企画立案など、さまざまなご相談を承っているので何かあればお気軽にお問い合わせください。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。